【計測】デジタル広告のリンクURLに広告パラメータを付与する際の留意点

CCIアナリティクス担当の田口です。今回のコラムでは、デジタル広告施策を実施する場合には確実に利用する広告パラメータについて取り上げたいと思います。

 

まず、広告パラメータの役割ですが、簡単に言えば「広告施策の効果検証に向け、広告経由の自社サイト流入を計測する」ことです。

もし広告パラメータを利用していない場合ですが、自社サイトへの流入は「ノーリファラー」という形で計測されてしまうリスクがあります。この場合、広告施策を実施した後にGA4などの分析ツール上で「結局、どの程度の流入に貢献したんだ…?」となってしまい、発生したコストに対するパフォーマンスは検証できない事態に陥ります。

 

GA4のデータで効果検証を行う場合だと、Google社は「UTMパラメータ」というルールを用意しているので、このUTMパラメータを利用した場合、以下の様なパラメータとなります。

 

https://example.com/?utm_campaign=2023wintercp&utm_source=yda&utm_medium=display

 

このケースだと、

  • 広告キャンペーン(utm_campaign)は「2023wintercp
  • 広告出稿サイト・メニュー(utm_source)は「yda
  • 広告メディア種類(utm_medium)は「display

という意味を持つ形となり、自社サイトに流入がどれだけあったのかをキャンペーンごと、サイト・メニューごと、メディア種類ごとに計測できる様に用意されています。

※なお、利用する分析ソリューションによって、この広告パラメータのルールは異なります。詳細はご利用中の分析ソリューションで用意されるヘルプなどをご確認ください。

 

 

まずは広告パラメータについての役割を述べましたが、この広告パラメータをいざ運用するとなった場合、いくつか落とし穴にはまるケースも見られますので、よくある落とし穴について以下に挙げてみます。

①リンク先URLに広告パラメータを付ける際、既にリンク先URLに「?」が含まれる場合

例えば、リンク先URLが以下の様なURLだった場合が該当します。

 

https://example.com/?form=2023

 

この場合ですが、この後にパラメータを付与する際は「?」を利用するのはNGとなります。

詳細は省きますが、URLで「?」を利用できるのは1点まで、となっている為です。

 

NG例とOK例を以下に示してみます。

 

NG:「?」で広告パラメータを繋げてしまっている

https://example.com/?form=2023?utm_campaign=2023wintercp&utm_source=yda&utm_medium=display

 

OK:「&」で広告パラメータを繋げている

https://example.com/?form=2023&utm_campaign=2023wintercp&utm_source=yda&utm_medium=display

 

つまり、既にURLで「?」を利用している場合、以降に付与するクエリパラメータは「&」にする必要があります

②リンク先URLに広告パラメータを付ける際、リンク先URLに「#」が含まれる場合

例えば、リンク先URLが以下の様なURLだった場合が該当します。

 

https://example.com/#topic

https://example.com/#menu

 

上記の様に「#(フラグメント)」を利用するWebページとしては、例えば広告施策用ランディングページ(LP)上で複数の要素が用意されており、特定の要素にすぐにスクロール出来る仕掛けを用意しているWebページが挙げられます。

 

そして、広告施策を実施した際も、クリエイティブで訴求した要素に連動する形で自社サイトに誘導するために活用する機会があります。

 

この場合ですが、以下のような構成だとNGとなってしまいます。

 

NG:

https://example.com/#topic?utm_campaign=2023wintercp&utm_source=yda&utm_medium=display

 

このURLの場合、実はWebページへのアクセス自体は問題なく行えますが、意図した要素(この場合は「topic」の要素)をファーストビューとして遷移させることが出来ません。

この「topic」の要素をファーストビューに見せたい場合は、以下にする必要があります。

 

OK:

https://example.com/?utm_campaign=2023wintercp&utm_source=yda&utm_medium=display#topic

 

つまり、「#」の部分は、最後に記載する必要があります。

このように広告パラメータ付きのURLを用意することで、広告の効果測定も行えつつ、意図した要素をファーストビューとして誘導することが可能となります。

③【GA4特有】Google広告に出稿している場合

自社の分析ソリューションとしてGA4を活用している場合は、Google広告の計測にも留意が必要です。Google広告に関しては、GA4の仕様で意図しない形で流入が計測されてしまう場合があります。

 

詳細は以下のコラム記事でご案内していますので、ご覧下さい。

 

【GA4】2023年6月時点におけるGA4のGoogle広告流入の検証方法について

 

ここでは簡単に述べさせていただきますが、GA4で広告パラメータを活用する場合は、「utm_content」という区分を上手く活用する事を推奨しています。

 

・GA4における、UTMパラメータ利用イメージ

【DA】column_230630_gt_2

 

 

今回は広告パラメータ活用に際して、良く発生しがちな落とし穴を留意すべき点として紹介しました。広告施策を実施する際には、大量の広告パラメータ付きのリンク先URLを用意せざるを得ない状況が発生しがちで、機械的に発行を行ってしまう場合もあるかと思います。

 

広告施策実施後の効果検証の際に、意図した検証が行えない事態を防ぐためにも、今回ご紹介した内容を踏まえ、広告パラメータを運用していただく事を推奨します。

 

CCIでは、多くの媒体社・プラットフォームの広告を取り扱っているため、広告効果検証を精緻に行うための準備、また検証すべきポイントなど多くのノウハウを蓄積しています。

 

「デジタル広告施策をより精緻に検証したい」

「デジタル広告施策をKPIを設けてPDCA運用していきたい」

 

この様な意向をお持ちであれば、CCIにご相談下さい。お困りの点を伺った上で、ご支援可能な内容を提示させて頂きます。

 

計測