【GA4連携シリーズ】GA4とSearch Consoleの連携方法解説!GA4でのSearch Consoleレポート画面も公開

こんにちは。CCI アナリティクス担当の木村です。

 

ご存じの方も多いかと思いますがユニバーサルアナリティクス(UA)時代からGAでは他のGoogleのソリューションとの連携が可能で、多くのマーケティング担当者はこの機能を活用していたかと思います。

今回は各種ソリューションとGoogle アナリティクス4(GA4)の連携方法解説第一弾として、SEO対策にもよく利用されるツール「Google Search Console」の連携方法と、連携した際に確認できるデータについて解説します。

 

連携前の確認ポイント

 

連携する前に、GA4とSearch Consoleの連携時には以下の制限がありますので特に権限周りは事前に確認しておくとよいでしょう。

  • 必要な権限は「GA4プロパティの編集権限」と「Search Consoleプロパティの所有者権限」の2つ

  • 一つのウェブストリームに連携できるSearch Consoleプロパティは一つまで

  • 一つのSearch Consoleプロパティに連携できるGA4ウェブストリームは一つまで

  • ただし、UAプロパティと連携済みのSearch ConsoleプロパティはGA4連携可能

 

GA4とSearch Consoleの連携方法

 

①Search Consoleを連携したいGA4プロパティの「設定」から「Search Console のリンク」を選択すると以下のような画面が表示されます。

e5c94c_0e29bd9f73514cddb5dad1eebd0ea3b5_mv2
 
 

②表示された「Search Console のリンク」画面右上の「リンク」ボタンをクリックし、以下の画面が表示されたら「アカウントを選択」をクリックします。

f23332_bb83412ab3794bccbbce88eec2500840_mv2
 
 

③ここではログインしているGoogleアカウントに権限が紐づけられているSearch Consolepプロパティの内、どのプロパティを紐づけるか選択できます。紐づけたいSearch Consoleプロパティを選択したら右上の「確認」ボタンをクリックしましょう。

f23332_7855473a1cd34360a0b1e1adc7cc7c86_mv2
 
 

④連携するSearch Consoleプロパティを選択したら、どのデータストリームに紐づけるかを選択します。ここではウェブストリームのみ選択できます。

f23332_9ad3dfb172934e3a9279c0c0c9e11936_mv2
 
 

⑤最後に連携結果の画面が表示されますので内容が問題ないことを確認したら、連携は完了です。

f23332_fd92caf71fcc4e10832631a789c538bd_mv2
 
 

Search Consoleが連携されているGA4プロパティは「Search Console のリンク」をクリックするとどのプロパティと連携されているか確認できます。

f23332_9a5b3b103c204ade8f67097f42b955b5_mv2
 
 

Search Consoleを連携すると確認できるようになるデータ

 

Search Consoleを連携するとGA4のレポートメニュー内に「Search Console」のコレクションが自動的に作成され、以下のレポートが確認できるようになります。

  • クエリ

  • Google オーガニック検索レポート

 

▼「クエリ」レポート画面

f23332_a7ae6527d0d540fa908e44691e5f7282_mv2
 

クエリレポート画面で確認できる内容はユニバーサルアナリティクス(UA)のSearch Consoleレポートの「検索クエリ」レポートと確認できる数値はまったく同じ内容です。

レポートのカスタマイズによる指標やディメンションの変更もできないため、使い方はUAと同じになるでしょう。

 
 

▼「Google オーガニック検索レポート」レポート画面

f23332_615ad4c761b34aa393e44aba6f55dec8_mv2
 

このレポート画面で使用できるディメンション・指標は以下の通りです。

  • このレポート画面で使用できるディメンション・指標は以下の通りです。

-ランディングページ

-国

-デバイス

 
  • 指標

-Google オーガニック検索のクリック数

-Google オーガニック検索の表示回数

-Google オーガニック検索のクリック率

-Google オーガニック検索の平均掲載順位

-ユーザー

-エンゲージのあったセッション数

-エンゲージメント率

-平均エンゲージメント時間

-イベント数

-コンバージョン数

-広告収益

※「広告収益」のデータ反映にはGoogle広告アカウントとの連携が必要

 

どちらのレポートでもセカンダリディメンションは使用できますのでオーガニック流入に関する詳細な分析に活用できます。

 
 

まとめ

 

Search Consoleが連携可能になったことでユーザーの訪問前の検索行動がより明確になり、訪問前から訪問後の行動までを一貫して分析できるようになりました。

 

他ソリューションとの連携方法についても随時更新予定ですのでGA4をアップデートしてどんどん活用していきましょう。

 

CCIではGA4の導入支援からダッシュボード作成・活用支援まで幅広く支援を行っております。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

GA4

  • GA4連携
  • Google Search Console